ランニング中に脇腹が痛くなってしまう方必見!

ランニング中の脇腹の痛み対策

誰でも子供の頃、体育の持久走・マラソン大会などで長距離を走る機会がありましたよね?
寒かった、走るのが楽しかった…などなど、色々な思い出があるかと思いますが、
「走ると脇腹が痛くなる」
そんな経験があった方が多いのではないでしょうか?

私も4年程前、健康のためにとフルマラソンにエントリーし、ランニングを始めたのですが、この痛みに悩まされていました。
痛くなるのはいつも片側のお腹だけだったので、左右のバランスが関係しているのでは?と考え、呼吸のペースを一定にしてみました。

呼吸方法を意識してみる

私は3秒吐いて2吸うのペースを意識しています。このリズムだと、右足で着地するときに3秒吐く→2秒吸って、左足を着地するときに3秒吐く→2秒吸うというように、左右バランスよく呼吸できます。
この呼吸を意識すると、不思議と痛くならないんです!

もしかしたら『この呼吸なら痛くならない!、大丈夫!』という暗示(気持ちの問題)もあるのかもしれませんが…

ともあれ、マラソン初心者だった私は、この方法で脇腹の痛みを解決しました。
他にも走る直前に食事をすると横っ腹痛につながるので、食事は走るい~2時間前までには済ませるのがベストですよ。

あぁ…秋に美味しいものを食べすぎて体が重いな…そろそろ健康のためにランニングでも始めてみようかな…
そんな、これからランニングを始めようかな!という皆さん。
走っている最中の脇腹痛に困ったら一度試してみてくださいね!!
Enjoy RUN!!!