冬の乾燥肌対策

秋が過ぎ、寒い冬になると体全体がかさついている感じがして、肌のかゆみを覚えるときがあります。

ではなぜ冬になると肌が乾燥するのでしょうか? 

『気候』そのものに原因 があります。冬は気温が低くなり空気が乾燥する特徴があるのですが、実は冬の乾燥肌はこの気候の変化に人間の体が対応しようとするために引き起こされます。

ではどのようにして人間の体が対応していくかというと、気温が下がったことに対し体温を維持しようと皮膚表面の血管を収縮させます。そしてこの血管を流れる血液の量が少なくなるため、皮膚の健康維持に必要な物質に栄養が充分に届かなくなります。

つまり、水分量を維持する細胞間脂質の「セラミド」 水分の蒸発を防ぐ「皮脂」の働きが皮膚の「バリア機能」となっているのです。セラミドと皮脂に充分な栄養が届かず、その働きが充分に発揮できなくなることに加え、空気が乾燥する冬の気候が皮膚から一層失わせていきます。このような一連の流れによって肌が乾燥していくわけです。 

予防の第一歩は日常生活の改善 

 「洗い過ぎ」には注意 

・石鹸は充分に泡立たせ肌をなでるように洗う 

・長湯しない 

・お湯の温度は40℃程度のぬるま湯が理想 

・保湿効果のある入浴剤を使用する

「エアコン・ファンヒーター」に注意

乾燥した冬の空気をさらに乾燥させる肌の天敵でもある

・室内温度を低めに設定 

・加湿器の使用や洗濯物を干すなどして湿度を確保する

以上のようなことに気をつけながら、なるべく肌を乾燥させないように寒い冬を乗り切りましょう(^o^)