体の使い方で、驚くほど変わる! ~走ると大腿四頭筋が痛くなる方へ~

走った後の筋肉痛に悩んでいませんか?

当院に務め始め、職場柄何か体を動かすことをしよう!と思い、時間があるとランニングをしています。
とは言っても、定期的に走れているわけではないので初心者ランナーですが…
そんな私ですが、3月に3回目のフルマラソンを控えています。

長時間走ると足の前側【大腿四頭筋】が筋肉痛になることが多い私。
本番を控えているし、走らないわけにもいかないので
【悩めるランナーの味方、高橋副院長】に相談しました。

走り方を変えてみる!

・前傾で走らない
・足を前に出さず、体の近くに出す。(体の下におろすイメージ)
・下り坂を下っている感じで走れると◯

アドバイスをもらい、早速実践! すると!!
屈伸運動さえイタタタタ…という状態だったのに、問題なく走れたのです!
今までとは全く違い、太ももの裏側を使って足を送り出しているような感覚で、無理なく走れるように感じました。

疲れてきたときこそ、足を前に出す!と思っていたので驚きだったのですが、
足を体から遠くに着地させると、足が接地している時間が長くなり、
体重が乗りすぎてしまう=筋肉に負荷がかかりすぎてしまうのだそうです。

ランナーに多い怪我

今までの私ような走り方を続けると、筋肉痛はまだ良いほうで、次のような症状が出てきてしまう場合もあります。

【腸脛靭帯炎】
 骨盤から膝の外側に延びてある、腸脛靭帯の炎症

【足底筋膜炎】
 踵からつま先にかけて伸びる腱や筋膜のダメージ、炎症。足の裏の痛み

【シンスプリント】
 すねの筋肉、靭帯、骨へのダメージ、炎症

私と同じように前傾で走りがちな方や、上記のような痛みがある方は気をつけてみてくださいね。
健康のためにも、無理なく走れるフォームを意識してみましょう!