質の良い睡眠とは

朝、寒くて布団から出るのがつらくなる冬の季節到来ですが、暑い夏に比べ、寒くなるこの時期の方が睡眠がしっかり取れる方が多いと思います。寝ているはずなのに元気が足りないと感じる時は『質の良い睡眠』が不足している時かもしれません。

『良い睡眠』とは?【寝付きが良い】 【ぐっすり眠る】 【寝起きスッキリ】 

あなたの睡眠は3つ全て当てはまっていますか?睡眠の質は、体温調節や体内修復・成長ホルモン分泌と相関関係があり、これらは体内の代謝活動促進や自律神経のバランスを整える要素となります。

睡眠の質を向上させるほど疲労から心身を回復させる効果があります。肉体疲労はもちろん、脳の部分に蓄積された疲労を取り除くことは睡眠の大きな効果です。

『睡眠の質を向上させる方法』

①就寝3時間前には夕食を済ませる 就寝時には消化活動が終わっていることが理想です。食後すぐに寝てしまうと体は消化活動を優先するため、内臓が休息する時間が短くなります。食後から就寝までの時間が短い時は消化の良いものを少量摂るだけにとどめておきましょう。

温かい飲み物で眠気を促す 安眠効果を高めるためには、ノンカフェインの白湯・生姜湯・カモミールティーなどの温かい飲み物がおすすめです。体温上昇を促し、体温が下がり始める時に自然な眠気がおきるので、睡眠前のリズム作りに良いと言われています。

ぬるめの入浴でリラックス 高温のお湯は体の負担も増大するため、38度くらいのお湯に10~30分つかり体をじっくり温めることで緊張をほどきリラックス効果が期待できます。 

適度な運動をするのも安眠効果があるのでお試しください。