食べ痩せダイエット

痩せたい人がやりがちな「食べないダイエット」っていいの?
とにかく痩せたい!と思うけれど、思うように痩せられないという方のために「食べないダイエット」について解説いたします。本当に痩せるのか?身体に危険などの負担はないのか?など健康的にきれいに痩せるために知っておきたい知識も踏まえてご紹介します。

痩せたいから食べない!食べなきゃ痩せるのは事実だけど
太るのは食べ過ぎてしまっているから、痩せるために食べない!というのは女性のみならず誰でもが思うことでしょう。身体に入ってくるものがなければ、太りようもないというのは事実かも知れません。しかし食べないダイエットの裏に潜んでいる本当の危険性をご存知でしょうか?

後悔しないためにも、食べないダイエットの危険性と逆に比較的効果がある別のダイエットについてご紹介します。

食べないダイエットの危険性

誰でも一度は経験があるのが「食べないダイエット」でしょう。

食べないダイエットの危険性は実は痩せたい!という効果と裏腹に太りやすい身体になることです。食べていないのに太るの?と思われるかもしれませんが、食べないことは身体に飢餓状態を作り出すことであり、危険に感じた脳が栄養を逆に溜めこみやすくするという側面があります。さらに身体は重くてだるい状態が続きがちです。

痩せるためには基礎代謝をアップすることが欠かせません。その代謝をアップさせるのは他でもない筋肉です。しかし食べないと筋肉を作るための栄養素が入ってこないので、逆に筋肉量は落ちてしまい、痩せられないというスパイラルに陥ります。

それだけではなく、栄養が不足することからお肌の状態も悪くなります。しわやたるみ、くすみなどが目立ち見た目年齢をアップさせてしまいます。さらに、脳に送られるはずの糖分が不足するので、ボーっとする、判断力が鈍るということにもなりかねないという危険性があるのです。

〇〇制限ダイエットは期待がもてる

食べないダイエットを避けるとなると、○○制限ダイエットはどうなのでしょうか?

良く耳にする「糖質制限」は血糖値やコレステロール値が高めな人には比較的効果があります。糖質は太る原因になるというのにも一論はあります。たとえば清涼飲料水などには想像以上に多くの糖分が入っており、ダイエットの妨げとなります。

しかし糖質は人間が摂取すべき三大栄養素の1つであり、取りすぎるのはNGですが、必要な栄養素でもあります。

そこで糖質制限するために、低インシュリンダイエットなどをするよりも、間食の量や内容、時間帯を見直すことをおすすめします。

たとえば、糖分を取るのを夕食後にするのではなく、比較的に代謝が良くこれからエネルギーが必要となる朝に取るようにしましょう。

痩せたいから食べる!ダイエットの味方食材を知ろう!

痩せたいけれど食べながら痩せられたらという方のために、ダイエットの味方となる食材を知っておきましょう。そうすることで食事の質を変えることは痩せたい人に大変重要です。

痩せたいけれど食べながら痩せられたらという方のために、ダイエットの味方となる食材を知っておきましょう。

痩せたいから食べないというダイエットはもう卒業し、バランスのよい食事を意識すること、身体にうれしい痩せやすい食べ物や飲み物を取り入れながら健康で効果的なダイエットを目指しましょう。もっと確実に痩せたい!という時はプロの力も借りることで、目標値に達成することができるでしょう。