オリーブオイルと健康

 油と聞くと、ダイエットや生活習慣病を気にしている方は「控えるもの」という意識が強くあります。

しかし、油(脂肪)は5大栄養素のひとつであり、細胞膜やホルモンの材料になるなど、体を構成するために欠かすことができない栄養素です。

また、体を動かすエネルギー源としても重要な役割を果たしています。
しかし、脂肪は多すぎると動脈硬化や肥満などの悪影響を及ぼします。一方で、少なすぎた状態でも正常な役割を果たすことができません。つまり、正常な脂肪量正常を維持することが健康のためには大切となります。

そこで大切になるのが、どのような油を摂取するかです。
オリーブオイルには、健康的な身体を保ち、美容にうれしい成分が含まれていることが、近年の研究でわかってきました。

バージンオリーブオイルとは?

オリーブの実だけを原料とし、化学的な方法や高熱での処理を行わず、他の性質の油を一切含んでいないもの。国際オリーブ協会によるとその中でも酸度や風味により4種類に分かれます。その中でも最も高品質なものが、次に紹介しますエクストラバージンオイルです。

★エキストラバージンオイルってすごいの!?
エキストラバージンオイルとは、一切の化学的な処理を行わずにオリーブの果実を搾って濾過しただけのバージンオイルのことです。酸度が0.8%以下で、オリーブのジュースとも言われている程風味・香りが完璧で最も品質が良いものになります。

★どの種類をどう使う?
エキストラバージンとピュアの使い分けは、オリーブオイルの風味を生かしつつ、どれだけ合理的に経済的に使うかがポイントになります。

最高品質のオリーブオイルであるエキストラバージンオイルに含まれるトコフェロールやフェノール酸などの微量成分は、加熱により失われやすいため、生で食べるサラダなどにかけたりして使用することをおすすめします。

一度に大量に油を使う揚げ物などは、価格も安く惜し気なく使え、香りも少なめな(ピュア)オリーブオイルを使用すると良いでしょう。

オリーブオイルの美容健康効果は??

1.美肌効果
 オリーブオイルに含まれる色素成分クロロフィルは体内の毒素を排泄するデトックス作用が!!ニキビや吹き出物にも効果が期待されます

2.便秘予防!おなかすっきり!
 オレイン酸には腸を刺激し排便を促すサポートをしてくれる働きがあります。

3.ダイエット効果
 オリーブオイル中の7割をしめる不飽和脂肪酸であるオレイン酸が満腹中枢に働きかけ、食べ過ぎを予防してくれます。

4.アンチエイジング効果
 オリーブオイルにはアンチエイジング効果のあるポリフェノールとビタミンEが多く含まれます。特にビタミンEが抗酸化に働き、老化の原因とされる過酸化脂質の生成を抑え、体内から細胞を若々しく保つ効果が期待されます。

5.コレステロール低下
 オレイン酸やビタミンEには余分なコレステロールを運び出す善玉コレステロールは減らさずに、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らすといわれています。中性脂肪を減らす手助けをしてくれます。

いかがでしたでしょうか。ドレッシングにしてサラダにかけたり、スープに入れたり、サラダ油の代わりに炒め物などに使ったりと、色々な場面でおいしく活用できるオリーブオイル。
地中海では当たり前のこのオリーブオイルですが、どうせ摂るならおいしく、綺麗に、健康的に!摂取していきましょう。