気分転換におすすめの方法

世界的に新型コロナウイルスが流行していて、皆さんが不安と戦っている今日このごろです。
こんなときこそ、少しでも気分転換をしたいですよね。そこで今回は、気分転換するのにおすすめの方法や気分転換をするメリットについてご紹介します。自分に合ったリフレッシュ法を取り入れてみてください!

その場ですぐできる「手軽な気分転換の方法」

【1】ストレッチをする
パソコン作業を長時間行うなど、デスクワークが中心の仕事をしている人は、体全体をほぐすと気分転換がしやすいです。
肩や首が凝っていると目が疲れやすくなるだけでなく、血行不良によって脳が酸素不足になり、思考が鈍くなります。
1時間ごとに、両肩を回したり首を前後左右に倒したりして、肩や首周りをよくほぐしましょう。
時には席を立って大きく伸びをするといったストレッチもをすると、気分がすっきりします。

【2】仮眠する
何となく気分がもやもやする時は、知らないうちに疲れがたまっている証しですから、体力を回復させることを優先させましょう。
短時間でも仮眠を取ると、思考がクリアになりその後の仕事がぐんとはかどります。
30分以上寝てしまうとかえって頭がぼんやりしてしまいますから、うとうとする程度にしておきましょう。

【3】何か食べたり、飲んだりする
デスクワークを長時間続けていたり、会議などで頭をフル回転させていたりすると、肩や首が凝るだけでなく脳もお疲れ気味になります。
休憩時間などを使って軽く気分を変えたい場合は、飴やチョコレートなど手軽に取れる甘いものを食べるのがおすすめです。
疲れてくると体内の糖分が不足して、イライラしたり疲れを感じやすくなりますから、糖分を補給して集中力を高める意味でも効果的。コーヒーやハーブティなどの飲み物でもいいでしょう

【4】アロマを焚くなどして、いい香りを嗅ぐ
煮詰まってしまってストレスを感じている時は、精神的な余裕を失っています。どうすれば気分が晴れるか分からない時は、嗅覚を刺激する方法を使ってみましょう。
人が持つ五感の中で、嗅覚はもっともダイレクトに脳を刺激する感覚と言われていて、好きな香りや心地良いと思える香りを嗅ぐとリラックス効果が高いと言われています。
自宅ならアロマキャンドルを焚いて香りを楽しむといった方法がおすすめです。

自宅で取り組める気分転換の方法

■ 好きな音楽を聴いてリフレッシュする
■ゆっくり寝る
■湯船に浸かって心身ともに疲れを癒やす
■映画やドラマを鑑賞する
■本を読む
■筋トレに励む

以上のことは知っていながらもつい後回しにしがちですね。
上手に気分転換をして、前向きに生きていきましょう。
仕事でもプライベートでも悩みや不安はつきものです。
しかし、自分なりに気分転換できる方法を知っていれば、ストレスが解消できる上にオンオフの
メリハリがつき、毎日を楽しく過ごせるようになるでしょう。