内外の温度差

快適な2つの温度差

季節の変わる日本では一年間の2/3は窓を閉めているって知っていましたか?
そこで窓を閉めていても快適な室内環境を実現する鍵となる「2つの温度差」についてお伝えします。

身体に負担を与える温度差

日々の生活の中で“温度差”はつきものです。
冷房の効いた室内と屋外、暖房の効いた部屋と効いていない廊下など温度差を感じることは多々あります。
実はこの温度差は身体に色々な負担を与えているのです。
例えば夏の冷房病、寝冷え、夏風邪、冬のヒートショック、脳卒中、風邪、湯冷めなどを経験された方も
多いと思います。
このように寒くても暑くても温度差は私達の快適な生活を妨げるだけでなく健康を損なうこともあるのです。

負担を感じない“温度差”とは?

★冷房病対策 温度28℃・湿度60%が目安

外気との温度差が5度以上あると暑い時に働く副交感神経と冷えた時に働く交感神経のバランスが崩れ、不眠・だるさ・肩こりなどを引き起こし、時には夏風邪の原因にもなりかねません。
夏の間冷房に入りすぎて体調を崩した経験がある人も多いのではないでしょうか。

★リラックス度・快適度UP 上下温度差2℃以内

足元は冷たいのに頭の方だけが暑いという状態は決して快適ではないです。
このように私達がリラックスしたり、快適と感じるためには室内の上下の温度差が大きく関係しています。
床から1.2mの間の上下温度差とリラックスの相関関係を実験した結果、温度差“2℃以内”であれば、人ははっきりと快適を意識することができ、4℃以上の温度差があると、快適と言えないことが判明しています。
できれば居室内の上下温度の差は“3℃以内”にすることが望ましいです。

★ヒートショック対策 最低室温17℃+最大温度差3℃~5℃

ヒートショックとは急激な温度変化が体に及ぼす影響のことで、室温の変化によって血圧が急激に変化し、脈拍が早くなったりすることです。
暖房をした部屋とトイレなど、寒い冬場に多く発生します。
多くの実験の結果、ヒートショックを防ぐ冬の平均温度差は3℃~5℃以内であることが望ましいといわれており、暖房居室と非暖房居室の温度差は5℃以内、廊下とトイレの温度差は3℃以内が理想的です。
また室温は血圧上昇10mmHg以下であれば、高齢者でも安心ということから廊下や浴室・トイレなど非居室で17℃を安心レベルとしています。

以上の条件をクリアすることで室内環境は良好となり、私達は快適な生活を送れるのです。
最近ではこの2つの温度差を無くすことを「温度のバリアフリー」とも言われています。

暑いから寒いからと言って体を動かさないことが良くないので、年中を通して適度な運動は必要です。

冬場はどうしても筋肉も固まりがちですが、マッサージを受けてもなかなか良くならないとお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

当日・24時間予約OK!

全額返金保証

0463-74-6288

地図