マスクによる肌のトラブル

長いマスク生活になってきましたが、マスクの着用がもはや日常の一部になりましたね。
その一方で、マスクをしている部分に肌のトラブルを起こしている方もちらほら。
マスクはしなければ……でも肌荒れが深刻……。そんな悩みを抱えている人におすすめのケア方法や、
肌荒れしてしまったときの対処法をご紹介します。

マスクで肌荒れする原因は?

【マスクの摩擦による刺激】
マスクを着脱したり、何かのきっかけでマスクがズレたりしたときに肌に生じる摩擦。
それが刺激となり肌のバリア機能低下につながります。

バリア機能が低下した肌は、細菌が繁殖しやすいのでニキビができやすくなったり
普通は刺激にならない物質が内部に入り込んで炎症が生じ湿疹ができやすくなったりします。

【マスクを外したときの乾燥】
マスクをつけている間はマスクの中に吐息の水分が充満しているので、何となく肌が潤っているように
感じるかもしれません。

でもマスクを外した後が要注意。
お風呂上りに肌がつっぱるのと同じように、マスクを外した瞬間一気に水分が蒸発して
肌はマスクをしていない時よりも乾燥状態に。

肌が乾燥するとバリア機能が低下します。
細菌やウイルスが侵入して口唇ヘルペスができやすくなったり湿疹やニキビができてしまうことも。

マスクで覆われていた部分全体に症状がある時や、肌につっぱり感やカサカサなど
乾燥の症状を感じるときは、マスクが原因で肌が乾燥状態になってしまっている可能性があります。

【マスクの素材や付着した花粉やホコリに対するアレルギー】
マスクが原因で「接触皮膚炎」という肌で生じるアレルギー反応が出てしまうこともあります。
アレルギーの原因は、マスクの素材自体やマスクに付着した花粉やホコリなど様々。

アトピー性皮膚炎のように赤くただれて粉をふいたり、軽いかゆみがあることが多いのが特徴です。
持病でアトピー性皮膚炎があったりアレルギー体質の人は特に要注意。

肌荒れしないために。予防におすすめのケア

①お手入れで余分な刺激を与えない
②乾燥対策には、十分な保湿
③日焼け対策も気を抜かずに

冬はかなり保温効果もあり温かく感じるマスクも、この暑い夏は本当に息苦しく辛いですが
肌荒れを起こしてしまう前にケアして暑い夏を乗り越えましょう。

色々なストレスが全身に悪影響を及ぼすので、体の不調は何なりとお早めに当院にご相談下さい。

「自分のつらい症状も本当によくなる?」と不安なあなた

初回限定の整体90分コースが66%オフ

 

地図

当日・24時間予約OK!

0463-74-6288