エアコンによる体調不良

今年の夏は短期間に暑い日が集中した感じでしたね。

長時間冷房のついた部屋にいると、知らず知らずに体もその影響を受けてしまいます。
人間には体温を一定に保つ機能が備わっており、寒さに対しては体を温め
暑さに対しては汗をかくことで体温を調節しています。

その調節は交感神経と副交感神経からなる自律神経が行っていて
交感神経が優位になると、末梢血管が収縮して血流が悪くなり手足が冷たくなります。
また一方、副交換神経が優位になると末梢血管は拡張して血流がよくなり手足が温かくなります。
ですが、冷房の使用によって室内と室外の温度差がある場所を一日に何度も行き来していると
自律神経への負担も大きくなり体調に異変をきたすようになります。

例えば、体温調節機能が低下して免疫力が落ちるだけでなく代謝も低下したり
血液の流れも悪くなります。
冷えは体質的なものと思われがちですが、日々の生活習慣も大きく影響しているので
冷房を上手に使うとともに生活を見直して残暑を乗りきりましょう!!

冷えによる症状は?

●肩こり
●頭痛
●手足の冷え
●むかつき、食欲の低下
●だるさ、疲れやすさ
●腹痛、下痢
●生理不順、生理痛

冷房の最適な設定温度とは?

27℃前後で、外気温との差が5~7℃にする。
24℃以下にしない。

 

冷えに対する予防・対策は?

・長時間冷房をつけない。
・やむをえない場合は、衣類(カーディガン・上着)やひざ掛け・ストール・靴下などで
 調節して直接冷房の風を当てないように気をつける。
・睡眠中はタイマーを利用して調節する。
・湯船につかって体を芯から温める。
・冷えにより痛みや疲れを感じているところをマッサージしたり、蒸しタオルなどで温める。
・歩いたり体を動かして血液循環をよくする。
・冷たい飲み物は体を内側から冷やし、より症状が表われやすくなるので
 できるだけ温かい物を飲むようにしましょう。
・夏の疲れから食欲が落ちたり消化機能が低下しやすくなるので
 消化がよくバランスのよい食生活に心がけましょう。

秋は一年のうちで最も疲れを感じる季節と言われてぃるので、気になる症状があれば当院に何でもご相談下さい。

当日・24時間予約OK!

全額返金保証

0463-74-6288

 

地図