秋の体調不良に注意!

9月に入りました。
秋は気候が安定して過ごしやすくなりますが、寒暖の差があらわれやすい季節です。
昼間と夜で気温差も大きくなったりします。
季節の変わり目で体調を崩してしまう人も多く、「毎年秋になると体調不良になる」
など悩みを抱えている方も少なくありません。

秋の体調不良の原因

【夏に受けた“冷え”による疲れの影響】

夏は暑く過ごしにくいものですが、現代人においては職場内の冷房や冷たい飲み物による
体の冷えのほうが問題です。体が冷えると胃腸の機能を低下させてしまいます。
また、秋は朝晩の気温差が大きくなり、身体が感じる冷えによってさらに
胃腸の機能を悪くしてしまう恐れがあります。

【急な温度変化】

秋の朝晩は気温が低く涼しさや冷えを感じる一方で、昼になれば気温も上がり
まだまだ暑い日も続きます。
寒暖差は自律神経を乱し、身体のだるさや疲れを引き起こしてしまう恐れがあります。
また、寒暖差によってアレルギー症状を発症することがあります。
※寒暖差アレルギーの場合、目の充血はなく鼻水が透明であるという特徴があります。
大きな気温変化によって鼻炎が生じる場合は寒暖差アレルギーである可能性が高いです。

季節の変わり目を乗り切るために

【体を冷やさない】

夏の冷房などによる冷えの影響を、秋まで持ち越さないようにしましょう、
身体を冷やさないように温かい飲み物や食べ物を食べて、お風呂にはしっかり
浸かるのがおすすめです。
食事でも、しょうがなど体を温める香辛料を積極的に使うのもおすすめです。

【太陽の光を浴びながら運動する】

太陽の光を浴びることで、自律神経の働きを高め、さらに気分の落ち込みを
解消することができると言われています。
朝日を浴びながらのウォーキングやジョギングがおすすめです。

また、秋が旬の食材は美味しい物が多く、栄養効果も高いです。
今回ご紹介した方法と合わせて、旬の食材でしっかり栄養を補給しましょう。

体の不調は決して「仕方ないもの」ではありません。
つらい症状はおひとりで悩まずに、ひらつかスターモール整体院までご相談ください。

当日・24時間予約OK!

全額返金保証

0463-74-6288

 

地図