冬でも日焼け止めは美白の常識!

日焼け止めは冬にも必要なの?とお悩みの方はいませんか?

日焼け止めと聞くと、何となく夏に使用するものとイメージしがちですが、実は日焼け止めは冬にも必要なのです!
とはいえ「でも、冬に日焼けってめったにしないのに…」と納得いかない方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、「冬に日焼け止めが必要な訳」をご紹介します。

冬にも日焼け止めが必要な訳

それは日焼けの原因となる紫外線が含まれた太陽の日差しが、冬でも私たちに降り注いでいるからです。

紫外線の量は夏ほど多くはありませんが、寒い冬にあっても太陽の日差しを感じることができる、暖かな日というものがありますよね。
そうしたとき、ほんのつかの間訪れた寒さの和らぎにほっとして太陽の日差しのもと、心地よく日光浴をしてしまうという方は少なくないのではないでしょうか。

しかし、実はそんな瞬間にも太陽の日差しに含まれた紫外線は私たちの肌に降り注いでいます。
紫外線の量は夏より少ないとはいえ、紫外線を含んだ太陽光を冬の間無防備に浴び続けてしまうことで後々、日焼けによるシミ・ソバカスの原因のひとつになってしまうこともあるのです。

だからこそ、日焼けによるシミ・ソバカスの原因を作ってしまわないために、紫外線対策を怠りがちな冬にこそ、日焼け止めによる日焼け対策をぬかりなく行う必要があるのですね。

冬に使用する日焼け止めには、保湿成分の配合されたものを選ぶというのもひとつの選択肢です。

冬は空気が乾燥しがちな季節であり、それに伴い肌もまた乾燥しやすくなっています。

冬の乾燥しがちな肌に使用することで、肌が乾燥しやすくなってしまうこともあるようです。
そのため、冬に日焼け止めを使用する際は、保湿成分の配合された日焼け止めを選ぶことが大切なのです。

また、「日焼け止めを使用してから、肌の乾燥が気になる」「冬のためにわざわざ日焼け止めを買うことが面倒」という方は、日焼け止めとしての役割も担った化粧品を使用することを検討してみると良いでしょう。

化粧下地やBBクリームに日焼け止めの役割がプラスされたアイテムは、メイクをする感覚で日焼け対策を行うことができるため、冬の日焼け対策として便利ですよ。

冬は肌の露出が減る分、日焼けに対する意識がなんとなく薄れてしまいがちな季節です。
しかし、冬だからといって油断は禁物です。
冬にどのような日焼け対策に取り組んだか、それにより春夏のあなたの肌の命運が決まる、といっても過言ではないかもしれません。

暖かな陽気に誘われて肌の露出が増える春先に、思わず見惚れてしまうすこやかな肌のお披露目を目指して、この冬は日焼け止めを使用してしっかりと日焼け対策を行いましょう!