腸脛靭帯炎

最近寒さに負け、なかなかランニングができていません。
さらにこれからは春の花粉シーズンに入るので、さらに外に出にくくなる…
これじゃダメだ!と、流行りの?“宅トレ”を始めてみました。
様々なジャンルの動画がアップされているので今日はダンス、
次の日は筋トレと飽きることなく続けられますね。
時間や気候に関係なく体を動かせるのでいいなと1週間ほど続けていたのですが、
膝を痛めてしまいました。

曲げても伸ばしていても、寝ているときも痛みが気になるようになり、
色々調べて、『腸脛靭帯炎』に近いのだろうということにたどりつきました。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎とはいわゆるランナー膝で、膝の外側に痛みを感じるのが特徴です。
ランニングは着地時に体重の5倍ほどの負荷がかかり、特に負荷がかかる
下り坂は痛みが増します。

腸脛靭帯炎はランニングなどの陸上競技以外にも、サイクリングやスキー、
登山などでも発生します。
これらのスポーツを始めたばかりの人、筋力が弱い人、筋肉が硬くなっている人、
O脚で体重が外側にかかりやすい人がなりやすいと言われています。

腸脛靭帯炎になる原因

ランナー膝が起こる原因として、オーバーユース(使いすぎ)のほか、
柔軟性や筋力の低下、準備体操不足などが考えられます。
また、硬い地面や下り坂の走行、ランニングシューズとの関連性も考えられます。

痛みを防ぐ方法

膝の痛みを防ぐには筋力アップ、特に太もも前側の大腿四頭筋を鍛える必要があります。
また、運動する前に太もも内側の内転筋、大腿四頭筋、お尻の筋肉を中心に
ストレッチを行い、柔軟性を保つことも大切です。

私自身、主任に相談してストレッチを念入りに行なったところ、痛みが軽減されました。
やはり運動前後のストレッチはとても重要です。
体を痛めることなく、楽しく運動ができるように、ストレッチはお忘れなく!!

同じように膝の痛みでお悩みの方は、ぜひ一度当院にご相談ください。

「自分のつらい症状も本当によくなる?」と不安なあなた

初回限定の整体90分コースが66%オフ

 

地図

当日・24時間予約OK!

0463-74-6288